プロフィール

トッティ

Author:トッティ
新興国ファンドに全てを注ぎ込む、無謀なチャレンジャー!

と思いきや、BRICS系の下落率があまりに大きすぎるため、セゾン投信の積立の割合が徐々に大きくなりつつある今日この頃です(汗)

投信ブログ村!
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
ニュース
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
メドベージェフ新政権の試金石は「インフレ」
三井住友メインランド・チャイナ・オープン
16,399    -457

シュローダー BRICs株式ファン
10,648    -109

HSBC 中国株式ファンド(3カ月決算型)
7,537     -229

PCA インド・インフラ株式ファンド
8,580     -128

HSBC インド株式ファンド(3カ月決算型)
9,270     -99


トータル収支 -1,278,112(-27.71%)

むむ~、まっかかですjumee☆Feel Depressed4

明日は今日の様子から行くと少し取り戻しそうですが。。。

ここにきて堅調に推移していたブラジル、ロシアにもその影響が出始めていますね。

RTS指数
chart r


ブラジル ボベスパ指数
chart bb



で、ロシアに関しては以下のような記事がありました


絵文字名を入力してくださいメドベージェフ新政権の試金石は「インフレ」

ロシア株式市場はメドベージェフ大統領就任後、ご祝儀相場というわけではなかろうが、最高値をつけ高値圏で推移している。足元は順風満帆のロシア経済だが、顕在化しているリスクには相応の注意を払わなければならない。今、注目すべきロシアのリスク、それは“インフレーション”であろう。

5月の初めに発表された4月のインフレ率は月間1.4%。このままのペースで物価が上昇すると、2008年のインフレ率は14.3%となり、15.1%だった2002年以来の上昇率となる。プーチン首相が就任前の演説でも強調したように、インフレ率は2006年に9.0%だったのが2007年は11.9%と、昨年後半から上昇基調を強めている。

ロシア政府は今年度のインフレ率を1ケタに押さえ込むことを目標としているが、足元4カ月の実勢を見ると、達成は極めて困難な状況にある。そのうえ、経済省は2009~2011年の先行きのインフレ見通しについても上方修正を余儀なくされている。

物価上昇の背景はいくつかある。ロシアは小麦、石油の輸出国ではあるが、他国と同様に(1)世界的な穀物価格の上昇を映した国内食料品価格の上昇(2)国内ガソリン価格の上昇に直面しているほか(3)国内建設ブームによる建設資材の高騰――も無視できない状況だ。また、(4)これまで政策的に抑制されてきた公共料金を段階的に自由化していく過程でのインフレ圧力も無視できない。公共料金とは電気、ガス、水道および住宅関連経費などだ。

もっとも10%を超えるインフレが即、社会体制の安定を損ない、政権の崩壊と混乱につながりうるのかというと、その可能性は極めて低いと考える。それは2007年の国内実質可処分所得が10.7%と、インフレ率同様に10%以上伸びているからである。すなわち、名目所得は2割近く伸びている。ちょうど日本の高度経済成長期のようなもので、多くのロシア国民は物価高に文句を言いながらも成長を謳歌しているのである。90年代前半のロシア建国当初には、1000%を超えるインフレを経験した国民である。この程度のインフレ率では気にならないという声も聞かれる。

ではロシア政府、中央銀行はインフレ抑制策を何も講じていないのかというと、そういうわけではない。ロシア政府は昨年末から大手スーパーマーケットなどに対し食料品価格の上限設定を求めた。
大統領選挙キャンペーンの色合いも強いようだ。ロシア中銀は2月、4月と相い次いで預金準備率の引き上げ、政策金利の引き上げなどの金融引き締め策を講じている。

一方で、政府に対する経済成長のための財政支出拡大を求める圧力は強い。サブプライム・ショックで不安定な状態にある国内金融システムを安定させるためには、一方的な金融引き締め策をとることはもともと困難である。サブプライム関連投資による直接的な損失は限られているものの、海外からの資金調達のパイプが細った影響は大きい。では、ルーブル切り下げによる輸入物価引き下げはどうか。これもロシア経済の屋台骨を支えるエネルギー・資源輸出企業にとっては輸出収入の減少、業績悪化につながるため、容易に選択し得ない選択肢である。

このようにロシア政府・中銀は「インフレか成長か」の板ばさみで難しい舵取りを迫られている。新政権の経済面での運営能力が試される良い機会である。

(日経ヴェリタス)


インフレは新興国共通の課題ですね。

同じくインド、ブラジル、中国でも問題になっています。

成長余地は疑うところではないのですが、内政的なその辺の課題をいかにソフトランディングに導けるかに新興国と呼ばれるカテゴリーから、先進国への仲間入りが出来るかの試金石となるかもしれません。


ポチッと応援お願いしやす笑い。キラキラ(ピンク)

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
スポンサーサイト


投信日記 | 【2008-05-28(Wed) 17:47:32】
Trackback:(0) | Comments:(4)
コメント

ということは、うちの収支もトッティさんとこ以上に
真っ赤っかなワケですねー(泣)
こんばんは、ふくまるです(^^)
真っ赤なのは投信だけでよいのに
息子の中間テストまで!!

ところでトッティさん、
日経ヴェリタス読んでるの?
勉強熱心ですね(^^)
2008-05-28 水 21:25:19 | URL | ふくまるこづち #- [ 編集]

ふくまるさん、こんばんわ!

今は耐え忍ぶ時期です(>_<)

ヴェリタスは読みたいと思うのですが、
日経新聞や日経ビジネスも溜まる一方なので
それが読めるようになってからですね。。。

速読のセミナーに参加したいと思う今日この頃ですが、
お金が~_(._.)_

プリーズアップ中国!
2008-05-28 水 23:49:57 | URL | トッティ #- [ 編集]

トッティちゃん、おつですm(__)m

ココは我慢ですな( ̄O ̄;)

てか・・・
ブラジル買いたいよ~w

あっ( ̄_ ̄|||)
巨人勝って良かったね♪

でも、野村楽天も応援してるので、楽天には負けて下さい(爆)
2008-05-29 木 01:19:23 | URL | みつ #dHC6fowU [ 編集]

みつさん、こんばんわ!

みなさんが仰ってるフィデリティで
ブラジルは買われないですか?

自分も口座開いているので何か買いたいっす
ヽ(゚∀゚)ノ


巨人はやっと5割です!

楽天も今年は一味違いますが、ここはノムさんに
ボヤいてもらいましょう(笑)
2008-05-29 木 01:58:37 | URL | トッティ #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

オススメ証券会社
自分も毎月コツコツ積み立ててます。アナタも長距離列車「セゾン号」に乗車してみませんか?
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のコメント
経済ニュース!
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。