プロフィール

トッティ

Author:トッティ
新興国ファンドに全てを注ぎ込む、無謀なチャレンジャー!

と思いきや、BRICS系の下落率があまりに大きすぎるため、セゾン投信の積立の割合が徐々に大きくなりつつある今日この頃です(汗)

投信ブログ村!
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
ニュース
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
相場の上昇局面・下落局面におけるファンド選び
今回は、日本株ファンドの中から、「上昇相場に強い株」と「下落相場に強い株」を調査してみた。調査対象は設定から1年以上が経過した追加型ファンドで、純資産額が50億円以上でカテゴリーが「国内大型(バリュー・ブレンド・グロース)」「国内中型(バリュー・ブレンド・グロース)」に属するファンドとした(確定拠出年金型などは除く)。 比較対象は、TOPIX(東証株価指数)。過去3年(36ヵ月間)のTOPIXの月次リターンを、上昇した月と下落した月に振り分け、該当月に各ファンドがTOPIXよりも上昇したか、下落したかを「勝率」で表した。

 まず、図表1の「上昇局面に強いファンド」を見ていただきたい。最も勝率が高かったのは、大和投信の「株主還元株オープン」とJPモルガン・アセットの「JF ザ・ジャパン」で、TOPIXが上昇した17ヵ月のうち、14ヵ月でトータルリターンがTOPIXのリターンを上回った(勝率82.4%)。
 「株主還元株オープン」は配当など株主還元に積極的な企業を組み入れたファンドで、本来は相場の下落局面で強さを発揮するタイプだけに、上昇局面でのパフォーマンスは評価できる。テーマ性のある銘柄を適宜組み入れていることや、株式組み入れ比率を調整したことなどが奏功したと考えられる。
 「JF ザ・ジャパン」は、「利益成長性が高く、株式を重視した経営を行っており、さらにこれらの要素を市場が織り込んでいない企業」へと投資するファンド。ちなみに同ファンドは相場の下落局面(19ヵ月間)では勝率57.9%となっており、下落局面よりも上昇相場において、よりパフォーマンスを発揮するファンドと考えた方がいいだろう。全体で見ると、「国内大型」が「国内中型」よりも多くランクインしており、全体的には大型株を組み入れたファンドの方が上昇局面では強い傾向がうかがえる。
▼図表1:上昇局面に強いファンド(TOPIXが上昇した月に好調だったファンド)
順位 ファンド名 対TOPIX(月数) 勝率
(%) 委託会社名 総合
レーティング カテゴリー
勝ち 負け
1 株主還元株オープン 14 3 82.4 大和投信 ★★★★★ 国内中型
バリュー
1 JF ザ・ジャパン 14 3 82.4 JPモルガン・アセット ★★★★★ 国内中型
グロース
3 野村 バリュー・フォーカス・ジャパン 7 2 77.8 野村アセット 国内大型
バリュー
4 みずほ 好配当日本株オープン 13 4 76.5 損保ジャパン・アセット ★★★★★ 国内大型
バリュー
4 スーパートレンドオープン 13 4 76.5 野村アセット ★★★★★ 国内大型
ブレンド
4 JPM 日本株・オープン 13 4 76.5 JPモルガン・アセット ★★ 国内大型
バリュー
4 GS 日本株・プラス(通貨分散コース) 13 4 76.5 ゴールドマン・サックス・アセット ★ 国内大型
バリュー
4 三菱UFJ 日本株グロースオープン 13 4 76.5 三菱UFJ投信 ★★ 国内大型
ブレンド
9 野村 RAFI日本株投信 9 3 75.0 野村アセット 国内大型
バリュー
10 ダイワ 好配当日本株投信(季節点描) 12 5 70.6 大和投信 ★★★★ 国内中型
バリュー
10 フィデリティ・日本優良株・ファンド 12 5 70.6 フィデリティ投信 ★★★★ 国内大型
ブレンド
10 住信 SRI・ジャパン・オープン 12 5 70.6 住信アセット ★★ 国内大型
グロース
10 ノムラ・ジャパン・オープン 12 5 70.6 野村アセット ★★ 国内大型
ブレンド
10 ノムラ・ジャパン・バリュー・オープン 12 5 70.6 野村アセット ★★★ 国内大型
ブレンド
10 日興 ジャパンオープン 12 5 70.6 日興アセット ★★★ 国内大型
ブレンド
10 住信 ジャパン・グロース・ファンド 12 5 70.6 住信アセット ★★★★ 国内大型
ブレンド
10 ダイワ 拡大成長株ファンド 12 5 70.6 大和投信 ★★★ 国内中型
グロース
10 ダイワ・バリューアップ・ファンド 12 5 70.6 大和投信 ★★ 国内大型
バリュー
※モーニングスター中分類で株式型・大型、株式型・中型に属し、運用期間が1年以上で純資産額50億円以上の追加型投信が対象(確定拠出型などは除く)。2009年9月末現在。

 逆に、下落局面でTOPIXよりも下げ幅が少なかった(または上昇した)ファンドが、図表2の「下落局面に強いファンド」。こちらには、予想通り好配当銘柄で運用するファンドが多くランクインする結果となった。
▼図表2:下落局面に強いファンド(TOPIXが下落した月に好調だったファンド)
順位 ファンド名 対TOPIX(月数) 勝率
(%) 委託会社名 総合
レーティング カテゴリー
勝ち 負け
1 しんきん 好配当利回り株ファンド 19 0 100.0 しんきんアセット ★★★★ 国内中型
ブレンド
2 日本好配当株投信 18 1 94.7 野村アセット ★★★★★ 国内大型
ブレンド
2 好配当日本株式オープン 18 1 94.7 野村アセット ★★★★★ 国内中型
ブレンド
2 新光 日本インカム株式F(3カ月決算型) 18 1 94.7 新光投信 ★★★★ 国内中型
バリュー
5 野村 RAFI日本株投信 15 1 93.8 野村アセット 国内大型
バリュー
6 トヨタアセット 配当フォーカスオープン 17 2 89.5 トヨタアセット ★★ 国内中型
バリュー
7 日本好配当利回り株(3カ月決算型) 16 3 84.2 三菱UFJ投信 ★★★★ 国内中型
バリュー
7 三菱UFJ 好配当日本株F(2カ月決算) 16 3 84.2 三菱UFJ投信 ★★★★ 国内中型
バリュー
7 (日本株セレクト・オープン) 日本株インカム 16 3 84.2 三菱UFJ投信 ★★★★ 国内中型
バリュー
10 フィデリティ・日本配当成長株投信 13 3 81.3 フィデリティ投信 国内中型
ブレンド
※モーニングスター中分類で株式型・大型、株式型・中型に属し、運用期間が1年以上で純資産額50億円以上の追加型投信が対象(確定拠出型などは除く)。2009年9月末現在。

 1位となったしんきんアセットの「しんきん 好配当利回り株ファンド」は、予想配当利回りの高さ、企業業績、時価総額、財務の健全性の4点を中心に組入銘柄を選別しているファンドで、相場の下落局面(19ヵ月間)において、19ヵ月すべてでTOPIXを上回る素晴らしいパフォーマンスを見せた。
 ただし、相場の上昇局面では勝率が29.4%(5勝12敗)であり、相場展開が厳しい局面を想定したポートフォリオ候補、または下落リスクをヘッジするタイプのファンドとして考えるべきかもしれない。

 ちなみに、「上昇局面に強いファンド」、「下落局面に強いファンド」両方の上位にランクインしたのは、野村アセットの「野村 RAFI日本株投信」(相場上昇時の勝率75.0%、相場下落時の勝率93.8%)。
 同ファンドは株式市場の株価情報を一切用いず、株主資本、配当額、キャッシュフローなどのファンダメンタルズ指標のみで銘柄を評価し、約1000銘柄に投資するファンド。過去3年間というと、昨年のリーマンショックも含め相場が不安定だった時期で、こうした状況下で一定の尺度による銘柄選択を維持したことが、相対的に高パフォーマンスにつながったと見られる。「攻守」バランスのとれたファンドといえるだろう。

アクセスランキング(過去1週間)

* 相場の上昇局面・下落局面におけるファンド選び
* スターレーティング最高位を維持したファンド
* 分配金の誤解
* 豪州の利上げ、ファンドからみると
* トップ3はいずれも小型株 大型株は9本がランクイン

 今回の勝率換算では、各ファンドの月次リターンがTOPIXを0.1%上回っても、10%上回っても同じ「勝ち」としている。そのため、この勝率だけで個別ファンドの優劣を評価するべきではなく、あくまで参考資料として考えるべきだろう。とはいえ、ファンドを選ぶ際に、今回の基準は参考になると思われる。各自で今後の相場を展望した上で、上手にこれらのファンドを組み入れていただきたい。


(ロイター)

スポンサーサイト


投信日記 | 【2009-10-28(Wed) 23:33:57】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

オススメ証券会社
自分も毎月コツコツ積み立ててます。アナタも長距離列車「セゾン号」に乗車してみませんか?
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
経済ニュース!
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。