プロフィール

トッティ

Author:トッティ
新興国ファンドに全てを注ぎ込む、無謀なチャレンジャー!

と思いきや、BRICS系の下落率があまりに大きすぎるため、セゾン投信の積立の割合が徐々に大きくなりつつある今日この頃です(汗)

投信ブログ村!
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
ニュース
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
やっぱりインドはアツい?
 HSBCが「HSBC インド・インフラ株式オープン」で、インドのインフラ関連株式に注目する背景として、世界的な金融危機を経たもののインドの2009年のGDP(国内総生産)成長率予想(IMFによる)が5.4%、2010年は6.5%と高成長が期待できることに加え、今後の高成長に不可欠な「インフラ」に注目が集まることが挙げられる。
 今後も政府による積極的な「インフラ」投資計画が予想されるが(第11次5カ年計画に基づくインフラセクターの年平均成長率は22%)、同時に2009年度予算案で財政赤字が対名目GDP比で6.8%に拡大する見通しが示されたことで、財政負担の拡大への懸念も浮上している。今後はインフラ関連の資金調達に関して、「海外資本も含めた民間資本の参加」(同)や、2007年から行われている第11次5カ年計画の進ちょく度などが焦点となる。また、経済面では、自動車販売台数など消費関連の伸びにより各経済指標が上向いており、回復傾向は鮮明になりつつあるが、短期的には「農村部の消費拡大の影響が大きい」(同)ことからモンスーンによる水不足の影響が懸念材料だという。

 世界の「インフラ」関連株式に投資するファンドはこれまでにも多く設定されているが、インドのインフラ関連株式に投資先を絞ったファンドとしては、このほかにPCAアセットマネジメントの「PCAインド・インフラ株式ファンド」が挙げられ、同ファンドはインド株式に投資するファンドとしても国内トップクラスの純資産総額となっている。
 一方、「PCAインド・インフラ株式ファンド」の販売会社は三菱UFJ証券のみ。インドのインフラ株式に投資したい投資家にとっては、今回のHSBC投信の「HSBC インド・インフラ株式オープン」の登場で販売会社と選択肢が広がることになる。

主な申込費用、取扱コースなど
 取扱コース:「一般コース」、「自動けいぞく投資コース」の2コース(各販売会社によって異なる)
 申込手数料(上限):3.675% (税込み)
 信託報酬率:年1.995% (税込み)
 信託財産留保額:0.5%

(モーニングスター)

最近の上昇も顕著ですし、長期的に見てもあの人口動態は成長しないわけがないと思います。

国連でどんな発言をするかも注目です。


スポンサーサイト


投信日記 | 【2009-09-22(Tue) 21:03:53】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

オススメ証券会社
自分も毎月コツコツ積み立ててます。アナタも長距離列車「セゾン号」に乗車してみませんか?
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のコメント
経済ニュース!
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。