プロフィール

トッティ

Author:トッティ
新興国ファンドに全てを注ぎ込む、無謀なチャレンジャー!

と思いきや、BRICS系の下落率があまりに大きすぎるため、セゾン投信の積立の割合が徐々に大きくなりつつある今日この頃です(汗)

投信ブログ村!
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
ニュース
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
新興国に回復の兆し?
 投資信託協会が13日発表した7月の投信概況によると、誰でも買える公募投信の資金流入額(新規購入から解約・償還を差し引いた額)は5779億円となり、2007年12月以来、1年7カ月ぶりの高水準となった。資金流入は4カ月連続。内外の株価上昇を受け個人投資家の心理が改善し、外国債券や新興国の株式などを組み入れた投信の販売が好調だった。

 純資産残高は58兆7811億円と6月末比で3%増加。資金流入に加えて、株価上昇などで組み入れ資産の評価額が上昇した。公募投信の純資産残高の8割を占める株式投信への資金流入は3911億円と、1年ぶりの水準を回復。新規購入は1兆5966億円と6月に比べ7%減少したものの、高水準で推移しており、「投資家に動きが出ている」(投信協会)。

 売れ筋は、ブラジルレアルやオーストラリアドルなど通貨を選べる外債ファンドや成長が期待される新興国の債券・株式を組み入れた投信だ。
スポンサーサイト


投信日記 | 【2009-08-14(Fri) 12:59:46】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

オススメ証券会社
自分も毎月コツコツ積み立ててます。アナタも長距離列車「セゾン号」に乗車してみませんか?
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
経済ニュース!
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。