プロフィール

トッティ

Author:トッティ
新興国ファンドに全てを注ぎ込む、無謀なチャレンジャー!

と思いきや、BRICS系の下落率があまりに大きすぎるため、セゾン投信の積立の割合が徐々に大きくなりつつある今日この頃です(汗)

投信ブログ村!
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
ニュース
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
新興国株を持つリスク、持たないリスク
モーニングスターに興味深い記事があったのでご紹介します。

新興国オンリーの自分にとっては今後の展開を考えさせられる内容でした。


 インデックスファンド運用大手バンガードの2つの株式ファンドに関して投資家から興味深い質問を受けた。2つのファンドとは、先進国(欧州および太平洋地域)に加えて新興国の株をカバーした「バンガード・トータル・インターナショナル・ストック・インデックス」、先進国(欧州および太平洋地域)の株式のみを投資対象にした「バンガード・デベロップト・マーケット・インデックス」。2つのファンドの大きな違いは新興国株を組み入れているかどうかであり、米モーニングスターは「新興国株は持つことにも、持たないことにもリスクがある」と評価していた。投資家の質問とは、その2つのリスクの意味を詳しく知りたいというものだった。

 「新興国株に投資するリスク」は比較的理解しやすいだろう。新興国と言えば政治も通貨の値動きも不安定だ。さらに、株式市場の流動性が低く、値動きが荒っぽいという特色もある。これらの点から新興国株への投資はリスクが高いと言える。一方、「新興国株に投資しないことのリスク」はより長期的な視野でみた場合に問題になりやすい。新興国は先進国に比べて経済成長率が高いほか、セクターによっては世界を代表する企業が存在する。今後の成長期待が高い新興国の銘柄をポートフォリオに全く入れずに運用すればどうなるだろうか。新興国株を含めた幅広い銘柄に投資している株式ファンドに比べて、パフォーマンスが著しく劣ってしまうリスクがある。

 重要なのは、投資とは何らかの形で必ずリスクを伴うということだ。何も新興国株に限った話ではない。例えば、米国債は投資リスクがないと考える投資家がいるが、これは誤りだ。米長期金利が低水準のときに長期債を投資対象としたファンドを購入した投資家は、長期金利が上昇(長期債価格は下落)したときに損失を被る可能性がある。数カ月前、米10年債利回りが3%を割り込む低水準にあったとき、一部のファンドマネジャーは「この時点で10年債を買うのは最もリスクが高い投資だ」と指摘していた。


モーニングスター


いずれにせよ、目的をしっかりと持って、各自のスタンスに合った投資をするのが得策かと個人的には思います。

20代でこれから投資を始める方と、60代の方で退職金で投資を始める方では全然スタンスが違ってくると思います。

前者はある程度リスクをとって、それで仮に損失が出たとしても、それは必ず今後の糧になりますし、また取り返せる月日も十二分もあることでしょう。

一方、60代の方にはおいては、リスクをとることよりも、如何に減らさずにという観点が重要になってくるのではないでしょうか?

正解というものはありません。

投資を楽しみましょうよニコニコ。 横向き
スポンサーサイト


投信日記 | 【2009-06-29(Mon) 00:12:45】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

オススメ証券会社
自分も毎月コツコツ積み立ててます。アナタも長距離列車「セゾン号」に乗車してみませんか?
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
経済ニュース!
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。