プロフィール

トッティ

Author:トッティ
新興国ファンドに全てを注ぎ込む、無謀なチャレンジャー!

と思いきや、BRICS系の下落率があまりに大きすぎるため、セゾン投信の積立の割合が徐々に大きくなりつつある今日この頃です(汗)

投信ブログ村!
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
ニュース
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
ワードプレス専用サーバー




スポンサーサイト
投信日記 | 【2017-04-17(Mon) 15:31:23】
Trackback:(0) | Comments:(0)
投資信託の始め方
投資信託は、銀行や証券会社などを利用して行うことができます。
最近では地方銀行なども積極的に顧客確保に取り組んでいますが、投資信託を始める際には、手数料などを他社などと比較してじっくりと考慮することが大切です。

日本銀行でも、多くの人が貯蓄を投資信託に回すことを推奨しています。
投資信託を始める人が増えることによって、日本の景気回復が期待されるからです。

投資信託は資産運用などの知識がまったくない一般人でも、簡単に始めることができます。
まずは自分の利用する銀行や証券会社の担当者に希望する商品を伝えて、出資金を送金するというだけで始めることができます。

どういった商品を選べばいいのかわからないという場合にも、担当者が有利な商品を勧めてくれたりするため安心です。
投資信託は株などと違い、複数の投資家によって集められた資金で運用が行われるため、出資金も少ない額から始めることが可能です。

運用自体は利用する銀行や証券会社が行うこととなるため、あとは定期的に送付されてくる、運用実績や配当金などを確認するだけというふうになります。
このため投資信託でより多くの利益を出すためには、運用に関して実績や力のある、銀行や証券会社などを利用することが重要となります。


投信日記 | 【2011-02-25(Fri) 15:45:44】
Trackback:(0) | Comments:(3)
投資信託でコツコツお金を貯める
投資信託とは、資金をファンドに預けることによって、利益を得るというものです。
ファンドは複数の投資家たちから預かった資金を、株や債権、不動産などの投資に運用することで利益を出し、投資家たちに分配を行います。

投資信託のメリットは、少ない資金からでも大きな金融商品に投資をすることが可能という点で、個人の資金内で投資を行うよりも利益は出やすくなっています。
例えば20万円の株を個人で購入する際には20万円の資金が必要となりますが、投資信託ですと1万円からでも投資を行うことができます。

また投資を複数の銘柄に分散して行うということも可能ですので、一つの株のみを保有するというのではなく、複数の株に投資をすることができることで、リスク的な面でも分散をさせることができます。
そして投資信託の大きな特徴は、プロのファンドマネージャーに大事な資産の運用を任せることができるという点です。

個人で株の銘柄などを選定して投資を行うという活動には知識が必要となりますが、投資信託ではファンドにお金を預けるだけで資産運用をしてくれるため、便利かつ安心です。
投資信託は投資信託協会に所属するさまざまな金融機関を利用することができますが、実績などを比較して利用する会社を選ぶことがポイントとなります。

投信日記 | 【2011-01-12(Wed) 23:37:27】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ローンとは
お金が必要になるということは、生活をしていればほとんどの人がぶつかる問題ともいえます。
どんな理由であれ、そんな時には銀行などの金融機関からお金を借りるということになるのが一般的です。

その際に、月々の返済額や利息などを分割または一括で支払っていくのがローンです。
ローンといってもいろいろな種類のものがあり用途に応じて内容も変わってくるのです。

金融業界において、返済方法は大きく3つに分けられ、返済日に一括で支払う『一括払い』、何回かに分けて支払う『分割払い』、毎月一定の金額を支払う『リボルビング方式(リボ払い)』に分けられ、ローンの多くがリボ払い方式となっています。
ローンにも住宅ローン・自動車ローン・学資ローンなどいろいろなものがありますが、これらは使い道が決まっているというのが特徴です。

それ以外に使い道が自由なローンもあります。
それが銀行カードローンです。

銀行カードローンは使い道が自由でしかも無担保で借りたい時に借りられるというのがメリットであるのですが、その反面銀行カードローンというのは金利が普通のローンに比べて金利が数倍にもなるというデメリットがあります。
そのため結果的に返済額が大きくなってしまうのです。

投信日記 | 【2010-11-19(Fri) 10:17:27】
Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
オススメ証券会社
自分も毎月コツコツ積み立ててます。アナタも長距離列車「セゾン号」に乗車してみませんか?
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
経済ニュース!
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。